セジデム・ストラテジックデータ株式会社 ユート・ブレーン事業部

セミナー:消費税増税と医療機関への影響、医薬品企業の対応

消費税増税と医療機関への影響、医薬品企業の対応

消費税増税間近!医薬品卸と得意先との価格交渉はどうなる?「損税」の実態とは?

医療と消費税の仕組み、「損税」の実態、製薬企業・卸の課題や対応ポイントを解説!

開催日時: 2013年12月12日(木)11:00 - 16:00 ※このセミーは終了しました
開催場所: (東京:千代田区)ホテルメトロポリタンエドモント
企画/主催:セジデム・ストラテジックデータ株式会社 ユート・ブレーン事業部

講師とテーマ、スケジュール

11:00 - 12:00

第1講義「消費税増税と医療機関の対応、医薬品への影響」

メディカルオフィス21 代表/元アズウェル医業経営研究所 所長  阪本 俊行

主に医療機関向けのコンサルティング、ご講演等を中心にご活躍されています。医薬品卸でのご経験等も踏まえ、医療機関側の受け止め方なども含め解説いただく予定です。

12:00 - 13:00

昼食

13:00 - 14:00

第2講義「消費税増税と医療・医療機関への影響」

京都紫明税理士法人 税理士/TKC医業会計システム研究会、医療機関に係る消費税問題の研究プロジェクト・リーダー船本 智睦

本年1月に「医療と消費税-誰が負担をすべきか-(徳間書店)」を執筆され、医療機関の経営と消費税の実態に精通されています。 医療と消費税の基本・仕組みや課題、影響などを中心に解説いただく予定です。

14:00 - 14:15

コーヒーブレイク

14:15 - 15:45

第3講義「消費税増税と医薬品企業の対応」

日本医薬品流通ビジネスサイバー研究会 代表 川口 秀祐

長く医薬品流通の実務を担当され、現在は「国際医薬品情報」に執筆されている他、消費税の講演等でもご活躍されています。医薬品企業に必要な実務情報を中心にお話いただく予定です。

15:45 - 16:00

質疑応答

ポイント

  • 消費税と医療
  • 医療機関の損税問題について
  • 消費税増税が医療機関の経営に与える影響
  • 医療と消費税に関わる論点
  • 消費税増税による市場取引シュミレーション
  • 消費税増税と流通当事者の課題
  • 2013年度価格交渉の注意点(増税後の価格交渉の前哨戦)

 いよいよ17年ぶりの消費税増税が来年の4月に実施されます。 医療においては診療報酬の本体が非課税扱いであるなど、一般的な消費税の対応とは異なることがあり、正確に理解するのは簡単ではありません。 また、医療機関では「消費税は損税」とされてきましたが、実際にどの程度の金額なのか?実態はなかなか把握されてはおりませんでした。 中医協の「医療機関等における消費税負担に関する分科会」などで病院団体や医師会などから資料が提出され、その概要がようやく明らかとなってきました。 一方、流通改善の中で医薬品卸は未妥結仮納入の是正を目指しておりますが、得意先との価格水準に対する認識の乖離もあり、昨年度分も含め医療機関との価格交渉が難航しております。 医療と消費税についての正しい理解に基づいた交渉ではなく、場当たり的な交渉を行えば、利益確保が困難になり厳しい経営を強いられることになる可能性もあります。 そして、医薬品メーカーにも薬価の変動等を通じて少なからぬ影響が生じる可能性があります。 

 そこで、弊社では医療と消費税の基本を理解いただくと共に実務を含めた課題や得意先との交渉での留意点なども併せて解説するセミナーを開催いたします。 上記開催趣旨を踏まえ、ぜひ当セミナーにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

講演資料

※掲載期間は終了しました。