アイ・エム・エス インフォメーション・ソリューションズ株式会社 ユート・ブレーン事業部

呼吸器専門医が語る 呼吸器疾患(COPD、喘息)治療の最前線と製薬企業・MRへの提言

呼吸器専門医が語る 呼吸器疾患(COPD、喘息)治療の最前線と製薬企業・MRへの提言

ユート・ブレーンの疾患領域別セミナー 〜 呼吸器疾患編 〜

開催日時: 2017年3月21日(火)13:30〜16:40
開催場所: (東京:豊島区)ホテルベルクラシック東京
企画/主催:アイ・エム・エス インフォメーション・ソリューションズ株式会社 ユート・ブレーン事業部

弊社からのサービスのご提供は、ご請求先が法人のお客様のみとさせていただいております。個人のお客様からのお申し込みは承っておりません。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。以下URLの内容をご一読いただき、チェックボックにチェックを入れて、申込フォームへお進みくださいますようお願いいたします。

に同意します

内容

13:30 - 14:40

第1講義「COPDの最新治療と地域医療連携、製薬企業・MRへの期待」

日本医科大学呼吸ケアクリニック 所長/日本医科大学 特任教授(呼吸器内科) 木田 厚瑞 先生

2003年の開院から現在まで、国内だけでなく国外からの受診者を含め約3,500名のCOPD患者さんを治療されており、COPDの第一人者として陣頭指揮をとられています。本講演では、「COPDの最新治療と地域医療連携」についてご講演をいただくとともに、製薬企業・MRへの期待やご要望についてご提言をいただきます。

14:40 - 14:50

コーヒーブレーク

14:50 - 16:00

第2講義「喘息治療の現状と展望、製薬企業・MRに求めること」

帝京大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー学 教授 長瀬 洋之 先生

臨床の最前線でのご活躍だけでなく、日本アレルギー学会喘息ガイドライン委員会の作成委員としてもご尽力され、改訂作業にもご貢献をされています。本講演では、「喘息治療の現状と展望」、「喘息治療薬の選択基準」などについてご講演をいただき、さらに「製薬企業やMRに求めること」についてもご提言をいただきます。

16:00 - 16:10

休憩

16:10 - 16:40

第3講義「データから読み取る『呼吸器疾患治療薬の現在と未来予測』」

アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 ソート・リーダーシップ マネージャー 高山 莉理子

情報・テクノロジーにより強化された統合ヘルスケアサービスを、データに基づく独自のインサイトにより、へルスケア業界に提供しています。本講演では、「医薬品売上データ」や「調剤レセプトデータ」などから呼吸器疾患治療薬の動向やトレンドなどを読み取り、現在と未来予測をお伝えいたします。

※都合により、スケジュールが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ポイント

  • 呼吸器疾患(COPD、喘息)治療の現状と今後の展望
  • 製薬企業・MR活動に対する提言
  • 地域医療連携への取り組み
  • 薬剤の選択基準
  • 呼吸器疾患治療薬の国内10年の軌跡と最新トレンド
  • 調剤レセプトデータから読み取る「呼吸器疾患治療薬の患者像」
  • ジェネリック医薬品マーケットの最新動向
  • 企画趣旨

    厚生労働省の統計によると、2014年のCOPD総患者数は26万1,000人ですが、潜在患者数は500万人以上いると推定されています。また、2015年のCOPDによる死亡数は約1万6,000人、死亡順位は全体で10位という統計が出ています。

    一方、喘息の死亡者数は1995年をピークに減少が続いていますが、患者数は1,000万人以上とも推計されています。

    呼吸器疾患治療市場は現在、ジェネリック医薬品参入の影響を大きく受けていますが、順調に進めば、2019年以降に発売を控えている喘息に用いる生物学的製剤の登場や、COPDに対する抗コリン薬を含む配合剤の発売が予想され、市場が活発化されることが期待されます。

    このような背景から、疾患領域別セミナー第3回目は、「呼吸器疾患(COPD、喘息)」をテーマに取り上げさせていただきました。今回のセミナーでは、臨床の最前線でご活躍中の呼吸器専門医をお二方お招きし、最新の呼吸器疾患(COPD、喘息)治療についてご講演をいただくとともに、医師と製薬企業・MRとのギャップについてなど、通常では伺いにくいお話を語っていただきます。時には、製薬企業・MRの方にとって耳が痛いお話もあるかもしれませんが、今後の企業活動、MR活動の参考になればと思い、あえて先生方にご提言いただく予定です。

    また、IMSジャパンのアナリストによる講演においては、「医薬品売上データ」や「調剤レセプトデータ」などから呼吸器疾患治療薬の動向やトレンドなどを読み取り、現在と未来予測についてお伝えさせていただきます。

    呼吸器疾患治療薬をお持ちの製薬企業の方だけでなく、医療の最前線でご活躍されている医師の製薬企業やMR活動に対するご意見に興味がある方、そしてご登壇をいただくお二人の医師のご担当MRの方々など、ご参加をお待ちしております。

    実施要綱

    1. 日時:2017年3月21日(火)13:30〜16:40
    2. 場所:ホテルベルクラシック東京 東京都豊島区南大塚3-33-6 TEL 03-5950-1200(代表)
    3. 対象:製薬企業の営業企画、経営企画、製品戦略、地域医療・連携、マーケティング、学術情報、教育・人材開発、MR、本社及び支店営業スタッフ
    4. お申込期限:2017年3月16日(木)午前中
      ※定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。
    5. お申込方法:下記のお申し込み方法からお選びください。
      お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。
      1. 弊社Webサイトの場合:
        上記お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。
      2. FAXの場合:
        申込み用紙に必要事項をご記入の上、お送りください。
      3. E-Mailの場合:
        セミナー名、貴社名、ご住所、電話番号、FAX番号、 参加される方のお名前、所属部署、お役職、ご連絡担当者名などをお書き添えの上、 E-Mail:jpubseminar(a)jp.imshealth.com((a)を@に変更ください)までお送りください。
        弊社の取引条項(https://www.utobrain.co.jp/tandcs.shtml)をご一読頂き、お申込みをいただきますようお願い申し上げます。お申込みをいただきました場合、本取引条項に同意いただいたものとみなします。
      尚、お電話でのお申し込みは受付できませんので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ※お申し込み受付後、[1] 申込受付確認のFAXまたはメールをお送りいたします。[2] 受講票と会場案内図を郵送、またはE-Mailでお送りいたします。 尚、受講料につきましては、請求書をお送りいたしますので、指定の口座へ請求書日付から30日以内にお振り込みください。 振込手数料につきましてはお客様にてご負担をお願いいたします。当日受付での現金の取り扱いは行っておりません。
    6. 受講料:1名様 34,560円(資料代、飲物代、消費税含む)
      ※受講申込みを取り消される場合はお申込期限までに下記セミナー事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。 それ以降に取り消された場合は、キャンセル料1名様につき5,400円(消費税含む)を承ります。 尚、当日キャンセルの場合は受講料の返金は致しかねますのでご了承下さい。お申し込みされたご本人が出席できない場合は、代理の方の出席も可能です。
    7. お問い合わせ:セミナー事務局
      〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-1-11 繊維会館3F
      TEL:03-3270-8741
      ※弊社移転の為、2/27以降は以下に変更となります。
      〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズ オフィス TEL: 03-5425-9003
    • 講義の録音・録画、会場での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
    • ご質問・ご要望等がございましたら、お申込みの際にお書き添えください。
    • セミナー開催日の前日までに受講票等がお手元に届かない場合は、上記セミナー事務局までご連絡ください。

    講演資料

    ※準備中

    配布資料に記載してある期間中、セミナー配布資料(PDF)をご覧いただけます。資料を閲覧するにはセミナー開催時に配布したパスワードが必要です。

    著作権等の理由により掲載していない資料、箇所がありますがご了承ください。またファイルのコピー、印刷、内容の無断使用は固くお断りいたします。

    講演資料

    ※掲載期間は終了しました。