アイ・エム・エス インフォメーション・ソリューションズ株式会社 ユート・ブレーン事業部

希少疾病と製薬企業のオーファンドラッグ戦略

希少疾病と製薬企業のオーファンドラッグ戦略

ユート・ブレーンの疾患領域別セミナー 〜希少疾病編〜
〜オーファンドラッグ開発の現状と課題、今後の展望〜

開催日時: 2017年12月20日(水)13:00〜16:30
開催場所: (東京:豊島区)ホテルベルクラシック東京
主催:アイ・エム・エス・ジャパン株式会社

※弊社からのサービスのご提供は、ご請求先が法人のお客様のみとさせていただいております。個人のお客様からのお申し込みは承っておりません。
※ご提供いただいた情報を元にセミナー等のサービスのご案内をお送りさせていただくことがございます。

お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。以下URLの内容をご一読いただき、チェックボックにチェックを入れて、申込フォームへお進みくださいますようお願いいたします。

に同意します



内容

13:00 - 14:00

第1講義「AMEDとオーファンドラッグ開発 〜実用化に向けて〜」

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 創薬戦略部 創薬企画・評価課 創薬支援室 調査役 林 亜紀子

厚生労働省に入省後、医薬局審査管理課に配属。その後、医薬食品局監視指導・麻薬対策課主査、内閣府食品安全委員会事務局評価課課長補佐などを歴任され、現在は日本医療研究開発機構(AMED)にてご活躍をされています。 AMEDと創薬戦略部の取り組みや活動内容、希少疾病領域における支援活動、 希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業の内容、今後の取り組みや展望についてご講演をいただきます。

14:00 - 14:15

コーヒーブレーク

14:15 - 15:15

第2講義「希少医薬品開発と臨床研究、製薬企業の対応」

東京大学大学院薬学系研究科ファーマコビジネス・イノベーション講座 特任教授/一般財団法人日本製薬医学会 評議員/国際製薬医学会(IFAPP) 理事・次期理事長 今村 恭子

整形外科医、ハーバード大学・ロンドン大学への留学、製薬企業でのメディカル・ディレクターなどを経て、2017年より東京大学大学院薬学系研究科ファーマコビジネス・イノベーション講座の特任教授として広くご活躍をされています。メディカルニーズの把握と治療薬の開発、希少・難治性疾患におけるメディカルニーズの特性、戦略的開発の導入などについてご講演をいただき、さらには医師の視点、製薬企業でのご勤務経験などの視点からご提言をいただきます。

15:15 - 15:30

休憩

15:30 - 16:30

第3講義「製薬企業のオーファンドラッグ戦略 〜現状と課題、これからの展望〜」

国立大学法人 岐阜大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究推進センター 准教授 浅田 隆太

医薬品医療機器総合機構(PMDA)での新医薬品の相談業務・審査業務、アカデミアでの医薬品・医療機器・再生医療製品の開発支援、製薬企業のコンサルタント・アドバイザーとしてもご活躍をされています。指定制度の現状と今後の動向、オーファンドラッグの開発戦略や海外のオーファンドラッグの開発動向などについてご講演をいただき、製薬企業のコンサルタント・アドバイザーとしての視点からもご提言をいただきます。

※都合により、スケジュールが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ポイント

  • 製薬企業のオーファンドラッグ戦略
  • AMED、創薬戦略部の取り組みと今後の活動
  • オーファンドラッグの「ニーズ」と「シーズ」
  • 希少疾病領域における支援活動
  • オーファンドラッグの「指定基準」、「支援措置」、「薬価」について
  • 海外のオーファンドラッグ開発動向
  • オーファンドラッグの開発戦略の考え方
  • 希少・難治性疾患におけるメディカルニーズの特性
  • 企画趣旨

    ここ数年、オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)に対する関心・注目度が高まっています。従来製薬企業は、患者数が多く市場規模も大きな生活習慣病領域において大きな収益を上げていました。しかし現在は飽和状態にあり、さらに後発品への切り替えが進む中において、製薬企業は新たな市場の一つであるオーファンドラッグ領域へ活路を見いだしつつあります。

    オーファンドラッグの承認件数は、制度の面から見ても増加が予測されます。例えば、2015年に難病医療費助成制度が施行されて以来、対象となる指定難病の数は当初の110疾病から現在の330疾病に増加しており、また、日本製薬工業協会が2016年に公表した「製薬協 産業ビジョン2025 世界に届ける創薬イノベーション」の中で、「難病・希少疾患治療薬の国内新薬承認数は、過去5年と比較して倍増している」、「アンメットメディカルニーズの高い疾患へ研究開発がシフトしている」などと分析をしていることからも承認件数の増加が予測されます。当セミナーでは、この様な環境の中において、今後の製薬企業のオーファンドラッグ戦略の一助となるべく、希少疾病をテーマに3人のスペシャリストをお招きし、ご講演をいただきます。

    オーファンドラッグ開発・販売を手掛ける製薬企業の方をはじめ、オーファンドラッグにご興味・関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

    実施要綱

    1. 日時:2017年12月20日(水)13:00〜16:30
    2. 場所:ホテルベルクラシック東京 東京都豊島区南大塚3-33-6 TEL:03-5950-1200(代表)
    3. 対象:製薬企業の営業企画、経営企画、製品戦略、地域医療・連携、マーケティング、学術情報、教育・人材開発、臨床開発、本社及び支店営業スタッフ
    4. お申込期限:2017年12月18日(月)午前中
      ※定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。
    5. お申込方法:下記のお申し込み方法からお選びください。
      お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。
      1. 弊社Webサイトの場合:
        上記お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。
      2. FAXの場合:
        申込み用紙に必要事項をご記入の上、お送りください。
      3. E-Mailの場合:
        セミナー名、貴社名、ご住所、電話番号、FAX番号、参加される方のお名前、所属部署、お役職、ご連絡担当者名などをお書き添えの上、E-Mail:jpubseminar(a)jp.imshealth.com((a)を@に変更ください)までお送りください。
        弊社の取引条項(https://www.utobrain.co.jp/tandcs-j.shtml)をご一読頂き、お申込みをいただきますようお願い申し上げます。お申込みをいただきました場合、本取引条項に同意いただいたものとみなします。
      尚、お電話でのお申し込みは受付できませんので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ※お申し込み受付後、[1] 申込受付確認のメールをお送りいたします。[2] 受講票と会場案内図をURLにてご案内いたします。 尚、受講料につきましては、請求書をお送りいたしますので、指定の口座へ請求書日付から30日以内にお振り込みください。 振込手数料につきましてはお客様にてご負担をお願いいたします。当日受付での現金の取り扱いは行っておりません。
    6. 受講料:1名様 34,560円(資料代、飲物代、消費税含む)
      ※受講申込みを取り消される場合はお申込期限までに下記セミナー事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。 それ以降に取り消された場合は、キャンセル料1名様につき5,400円(消費税含む)を承ります。 尚、当日キャンセルの場合は受講料の返金は致しかねますのでご了承下さい。お申し込みされたご本人が出席できない場合は、代理の方の出席も可能です。
    7. お問い合わせ:セミナー事務局
      〒108-0074 東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル
      【お申し込みに関するお問い合わせ】TEL: 03-5425-9234(※11/27より03-6894-5497)
      【内容に関するお問い合わせ】TEL: 03-5425-9003(※11/27より03-6894-5422)
    • 講義の録音・録画、会場での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
    • ご質問・ご要望等がございましたら、お申込みの際にお書き添えください。
    • セミナー開催日の前日までに受講票等がお手元に届かない場合は、上記セミナー事務局までご連絡ください。

    講演資料

    ※準備中

    配布資料に記載してある期間中、セミナー配布資料(PDF)をご覧いただけます。資料を閲覧するにはセミナー開催時に配布したパスワードが必要です。

    著作権等の理由により掲載していない資料、箇所がありますがご了承ください。またファイルのコピー、印刷、内容の無断使用は固くお断りいたします。

    講演資料

    ※掲載期間は終了しました。