IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社 ユート・ブレーン事業部

長期収載品とジェネリックの現状と今後を考える

長期収載品とジェネリックの現状と今後を考える

長期収載品、後発品ビジネスは今後どうなる?オーソライズド・ジェネリックの将来は?
薬価制度改革、診療報酬など、制度改革の影響とビジネスのあり方を解説!

開催日時: 2018年7月24日(火)13:00〜16:30
開催場所: 第一ホテル両国(東京都墨田区)
主催:IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社

※弊社からのサービスのご提供は、ご請求先が法人のお客様のみとさせていただいております。個人のお客様からのお申し込みは承っておりません。
※ご提供いただいた情報を元にセミナー等のサービスのご案内をお送りさせていただくことがございます。

お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。以下URLの内容をご一読いただき、チェックボックにチェックを入れて、申込フォームへお進みくださいますようお願いいたします。

に同意します



内容

13:00 - 14:00

第1講義「ジェネリックの現況と今後の動向」

日医工株式会社 理事 営業本部 マーケティング部兼日医工医業経営研究所 所長 菊地 祐男

医療制度や医療機関の経営に関わる情報提供や全国各地での講演など精力的に活動されています。2018年改定も踏まえて今後のGE市場について解説いただく予定です。

14:00 - 14:15

コーヒーブレーク

14:15 - 15:15

第2講義「ジェネリック市場の現況と第一三共エスファの対応」

第一三共エスファ株式会社 代表取締役社長 義若 博人

先発系のGE企業として業績を伸ばしています。現在の市場認識やオーソライズド・ジェネリックについて、対応の考え方などお話いただく予定です。

15:15 - 15:30

休憩

15:30 - 16:30

第3講義「長期収載品とLTLファーマの対応」

LTLファーマ株式会社 代表取締社長 水川 二郎

長期収載品の承継をビジネスとして展開されています。ビジネスモデルや事業の考え方、基本的な対応や今後の医薬品営業のあり方などについてお話いただく予定です。

※都合により、スケジュールが変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ポイント

  • 現在の医薬品市場について
  • 4月診療報酬改定とジェネリック関連項目
  • 薬価制度改革の影響について
  • 長期収載品の役割とビジネスモデル
  • オーソライズド・ジェネリックについて
  • バイオシミラーについて
  • 今後の製薬企業の営業について
  • 企画趣旨

    長期収載品は長い間、日本の製薬企業の経営を支える存在でしたが、行政による後発品推進策によって後発品への切り替えのスピードが速まり、先発企業では長期収載品を事業譲渡する動きが強まっています。2018年の薬価制度改革で長期収載品の価格を段階的に後発品の薬価に合わせる新ルールが導入されたことで、先発企業の後発品事業を譲渡する動きは加速するものと見られています。また、事業を譲渡される企業も以前は後発品企業が主でしたが、長期収載品の承継を事業とする企業が現れ、注目されています。

    一方、後発品市場は行政の推進策で高い伸び率を維持してきましたが、後発品比率も既に協会けんぽなどでは70パーセントを超えており、従来のような高成長を期待することは難しくなってきました。先発系の製薬企業も関連会社などの形で成長する後発品市場に参入しましたが、一部の企業では後発品事業から撤退するなど、市場の転換点を迎えつつあります。このような中でも、オーソライズド・ジェネックは好調を持続しており、成長が限られてきた市場の中で製薬企業の事業戦略が問われています。

    そこで当セミナーでは、今後のGE市場について制度変化の動向を踏まえて日医工医業経営研究所の菊地様にお話を伺うとともに、急成長を続ける第一三共エスファの義若社長をお招きし、オーソライズド・ジェネリックについてお話いただきます。また、長期収載品の承継事業で注目されているLTLファーマの水川社長に長期収載品のビジネスモデルと対応、今後の製薬企業の営業活動などについてお話いただく予定です。上記セミナー開催趣旨を踏まえ、ぜひ当セミナーにご参加いただきますようお願い申し上げます。

    実施要綱

    1. 日時:2018年7月24日(火)13:00〜16:30
    2. 場所:第一ホテル両国 東京都墨田区横網1-6-1 TEL 03-5611-5211(代表)
    3. 対象:製薬企業・医薬品卸の経営幹部、経営企画、事業企画、営業企画、営業推進、流通、マーケティング、学術情報、教育・人材開発、本社及び支店営業スタッフ
    4. お申込期限:2018年7月20日(金)午前中
      ※定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。
    5. お申込方法:下記のお申し込み方法からお選びください。
      お申込みには、取引条項への同意が必要となります。
      1. 弊社Webサイトの場合:
        上記お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。
      2. FAXの場合:
        申込み用紙に必要事項をご記入の上、お送りください。
      3. E-Mailの場合:
        セミナー名、貴社名、ご住所、電話番号、FAX番号、参加される方のお名前、所属部署、お役職、ご連絡担当者名などをお書き添えの上、E-Mail:jpubseminar(a)iqvia.com((a)を@に変更ください)までお送りください。
        取引条項(https://www.utobrain.co.jp/tandcs-j.shtml)をご一読頂き、お申込みをいただきますようお願い申し上げます。お申込みをいただきました場合、本取引条項に同意いただいたものとみなします。
      尚、お電話でのお申し込みは受付できませんので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ※お申し込み受付後、[1] 申込受付確認のメールをお送りいたします。[2] 受講票と会場案内図をE-Mailでお送りいたします。 尚、受講料につきましては、請求書をお送りいたしますので、指定の口座へ請求書日付から30日以内にお振り込みください。 振込手数料につきましてはお客様にてご負担をお願いいたします。当日受付での現金の取り扱いは行っておりません。
    6. 受講料:1名様 34,560円(資料代、飲物代、消費税含む)
      ※受講申込みを取り消される場合はお申込期限までに下記セミナー事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。 それ以降に取り消された場合は、キャンセル料1名様につき5,400円(消費税含む)を承ります。 尚、当日キャンセルの場合は受講料の返金は致しかねますのでご了承下さい。お申し込みされたご本人が出席できない場合は、代理の方の出席も可能です。
    7. お問い合わせ:セミナー事務局
      〒108-0074 東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル
      【お申し込みに関するお問い合わせ】TEL: 03-6894-5497
      【内容に関するお問い合わせ】TEL: 03-6894-5422
    • 講義の録音・録画、会場での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
    • ご質問・ご要望等がございましたら、お申込みの際にお書き添えください。
    • セミナー開催日の前日までに受講票等がお手元に届かない場合は、上記セミナー事務局までご連絡ください。

    講演資料

    ※準備中

    配布資料に記載してある期間中、セミナー配布資料(PDF)をご覧いただけます。資料を閲覧するにはセミナー開催時に配布したパスワードが必要です。

    著作権等の理由により掲載していない資料、箇所がありますがご了承ください。またファイルのコピー、印刷、内容の無断使用は固くお断りいたします。

    講演資料

    ※掲載期間は終了しました。