IQVIAソリューションズソリューションズ株式会社 ユート・ブレーン事業部

オンデマンドセミナー 視聴期間2021年5月12日〜6月17日まで
薬機法で新たに誕生する2つの認定薬局と製薬企業の連携の可能性

薬機法で新たに誕生する2つの認定薬局と製薬企業の連携の可能性

地域連携薬局・専門医療機関連携薬局の考察から製薬企業・薬局・薬剤師の未来を考える
ユート・ブレーンセミナーの内容をそのままに、デジタル・オンデマンドで配信いたします

企画制作:
IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社
ご提供内容:
資料スライドおよび講師の講演動画配信 資料ダウンロードあり
(ダウンロード資料は、講演資料より一部削除している場合がございます)
Mogic社の動画配信サービスを利用しております
推奨環境:
<PC>Firefox・Chrome・Safari 最新版、Explorer11以上、Edge 最新版
<スマートフォン / タブレット>Android8以上 、Chrome、iOS12.0以上、Safari
ご利用案内・条件:
お申し込み後、動画配信サイトのURLとID、パスワードをE-mailにてご案内いたします。
1名様のお申し込みに対して1アカウントを付与させていただきます。複数名でご利用の場合は、人数分のお申し込みをお願いいたします。
ダウンロード資料ファイルのコピーや印刷、転載、動画画面の撮影、録音および録画はお断りします。
ご所属先企業のセキュリティ環境によってご視聴いただけない場合がございます。予めご了承ください。動画サイトへアクセスできない場合は、ご所属先のITご担当窓口にお問い合わせいただくか、セミナー事務局までご連絡をお願いいたします。
受講料:
1名様30,000円(消費税別)
※詳細は申込要綱をご一読ください。

※弊社からのサービスのご提供は、ご請求先が法人のお客様のみとさせていただいております。個人のお客様からのお申し込みや個人宅への請求書の郵送は承っておりません。
※ご提供いただいた情報を元にセミナー等のサービスのご案内をお送りさせていただくことがございます。

お申込みには、弊社の取引条項への同意が必要となります。以下URLの内容をご一読いただき、チェックボックスにチェックを入れて、申込フォームへお進みくださいますようお願いいたします。

に同意します



内容

(各講演時間約60分)
第1講義

「薬局の機能分化〜地域連携薬局と専門医療機関連携薬局〜」

日本調剤株式会社 薬剤本部 薬剤管理部 調査・グループ薬局担当 部長 後藤 大輔

調剤薬局を取り巻く環境の変化に迅速に対応している日本調剤から薬剤管理部長をお招きし、薬局の機能分化の背景や同社の対応を中心にお話しいただきます。

第2講義

「今後の制度改革と薬局経営〜薬機法で定められた新しい薬局区分を踏まえて〜」

株式会社Kaeマジネント 代表取締役 2025年戦略推進本部長 駒形 公大

調剤薬局専門のコンサルタントとして講演活動でもご活躍されています。薬機法改正、調剤報酬改定などの制度改革を踏まえて、今後の薬局経営について解説いただきます。

第3講義

「地域連携薬局とこれからの薬局・薬剤師のあり方〜製薬企業の活動へのヒント〜」

株式会社カケハシ 代表取締役社長 中尾 豊

薬局の現状を“見える化”し、解くべき課題を明らかにする薬局業務サポートシステム「Musubi」を展開するITベンチャー企業の経営者として、これからの薬局・薬剤師のあり方と製薬企業の連携についてお話しいただきます。

パネルディスカッション

「薬局の新たな機能区分と薬局・薬剤師のこれから、製薬企業と薬局の連携のあり方」

ファシリテーター兼パネリスト:株式会社Kaeマジネント 代表取締役 駒形 公大

パネリスト:株式会社カケハシ 代表取締役社長 中尾 豊

 

※講演内容は2021年4月26日時点の情報に基づいております。

ポイント

  • 地域連携薬局と専門医療機関連携薬局の目的
  • 地域連携薬局と専門医療機関連携薬局に求められる要件と体制
  • 新たな薬局区分に対する薬局経営者の温度感
  • 地域連携薬局と専門医療機関連携薬局を目指すのはどのような薬局か
  • 2022年度調剤報酬改定
  • アフターコロナの薬局・薬剤師像
  • 製薬企業と薬局・薬剤師の新しい連携のあり方

企画趣旨

薬機法の改正により、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」の2つの特定の機能を有する薬局(認定薬局)制度が、2021年8月1日からスタートします。「地域連携薬局」は地域包括ケアシステムの一員として患者の住み慣れた地域で服薬を支援する薬局として、「専門医療機関連携薬局」はがん等の治療を行う専門医療機関と連携し専門的な薬学管理を行う薬局として、いずれも都道府県知事により認定を受けます。この新たな認定薬局制度により、患者が地域で様々な療養環境(外来、入院、在宅医療、介護施設など)を移行する場合や、複数の疾患を有し、多剤を服用している場合にも、自身に適した安全かつ有効な薬物療法を切れ目なく受けられることが期待されています。

認定を受けるためには、薬局の構造設備、他の医療機関への情報提供と情報共有を行う体制、調剤及び薬剤の販売業務体制など、多くの要件を満たす必要がありますが、注目されているのが情報連携に関する要件です。地域連携薬局では、地域包括ケアシステムの構築に必要な会議に継続的に参加することが求められており、在宅医療への対応や入退院時に他の医療機関、薬局等と服薬情報の一元的かつ継続的な情報連携を担うことになります。また、認定を得るためには、過去1年間に薬局の薬剤師から医療機関へ月平均30回以上の報告が求められており、服薬指導等から得られた情報を基に医師にとって薬剤の適正使用に必要な情報を取りまとめるべきとされています。

この新たな制度により、薬局・薬剤師から医療機関への情報提供の新たな道筋が生まれることになります。そこで弊社では、地域連携薬局と専門医療機関連携薬局を解説し、今後の薬局・薬剤師のあり方と製薬企業との新しい連携を考えるセミナーをデジタル・オンデマンドで配信いたします。

上記企画趣旨を踏まえ、ぜひ当オンデマンドセミナーにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

申込要綱

  1. 対象:ヘルスケア関連企業の経営幹部、経営企画、調剤薬局担当者、営業企画、営業推進、流通、製品戦略、マーケティング、地域連携室、学術情報、教育・人材開発、本社及び支店営業スタッフ
  2. お申込期限:2021年6月14日(月)午前中
    ※お早めにお申し込み下さい。
  3. 視聴期間:2021年5月12日(水)〜6月17日(木)まで
  4. お申込方法:下記のお申し込み方法からお選びください。
    お申込みには、取引条項への同意が必要となります。
    1. 弊社Webサイトの場合:
      上記お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。
    2. E-Mailの場合:
      セミナー名、貴社名、ご住所、電話番号、FAX番号、受講される方のお名前、所属部署、お役職、ご連絡担当者名などをお書き添えの上、E-Mail:jpubseminar(a)iqvia.com((a)を@に変更ください)までお送りください。
      取引条項(https://www.utobrain.co.jp/tandcs-j.shtml)をご一読頂き、お申込みをいただきますようお願い申し上げます。お申込みをいただきました場合、本取引条項に同意いただいたものとみなします。
    尚、お電話でのお申し込みは受付できませんので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ※お申し込み後、事務局より動画配信サイトのURLとID、パスワードをご案内いいたします。 受講料につきましては、請求書をお送りいたしますので、指定の口座へ請求書日付から30日以内にお振り込みください。 振込手数料につきましては、お客様にてご負担をお願いいたします。在宅勤務等の事情により、電子ファイルでの請求書の送付をご希望の場合はお申し込み時にお書き添えください。クレジットカードでのお支払いは承っておりません。予めご了承ください。
  5. 受講料:1名様 30,000円(消費税別)
    ※視聴期間途中の解約は承っておりません。
  6. お問い合わせ:セミナー事務局
    〒108-0074 東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル
    E-Mail:jpubseminar@iqvia.com
    ※セミナー事務局への問い合わせは、おそれいりますがメールにてお願いいたします。
  • ご質問・ご要望等がございましたら、お申込みの際にお書き添えください。

講演資料

※準備中

配布資料に記載してある期間中、セミナー配布資料(PDF)をご覧いただけます。資料を閲覧するにはセミナー開催時に配布したパスワードが必要です。

著作権等の理由により掲載していない資料、箇所がありますがご了承ください。またファイルのコピー、印刷、内容の無断使用は固くお断りいたします。

講演資料

※掲載期間は終了しました。